本文へ

組合員活動とは

生協はあなたの“やりたいこと”を応援します

「生協」は、より良いくらしを実現するために、出資も、利用も、運営も、すべて組合員が行い関わる組織です。利益を得るために、経営(運営)者と、元手となるお金を出す(出資)人と、利用する人が分かれている一般企業とは性格が違います。
そんな生協だから、私たち組合員の想いや願いをかなえるための仕組みがいろいろあります。さああなたも、その仕組みを使って組合員活動を始めてみませんか?

  • ①生協の利用から始まるくらしづくり

    組合員の生協へのかかわりは商品の利用が第一歩です。いつでも、どこでも商品を真ん中に据えることが、いろんなくらしづくりへとつながるスタートラインです。

  • ②おしゃべりの場を通して想いがつながる

    商品の利用から、使い勝手やおいしさなど、おしゃべりが生まれ、家族のこと、健康のこと、子育てのこと、平和や環境、福祉のことなど、くらしにかかわる願いが広がり、わたしの、そしてみんなのくらしをよくしたいという想いがつのってきます。

  • ③みんなの想いが生協を変え、未来をつくる

    想いを伝え、自分の想いがみんなの想いとつながり、商品や、またさまざまな活動を通して「かたち」にしていくなかで、生協を自分のものだと感じていきます。

  • ④協同の心が地域に広がる

    そんな関わりを持つ組合員が少しずつ増えていくことは、生協の発展への支えとなり、そして地域の中で笑顔あふれるくらしが広がっていきます。

興味のある項目にすすんでください

組合員のみんなのくらしの中から寄せられたいろんな願い…それらを協同のちからでかなえていくために、様々なステージがあります。