本文へ

つくる人、たべる人
組合員の声から生まれた商品

組合員の声から生まれた商品

組合員開発商品って?

ぱくぱくエコーでご紹介しているこのマークが目印です。

組合員が自分の目で探したり、組合員同士で話し合い知識を出し合ったりして開発した、組合員皆さんが継続的に利用できる安全安心な商品です。

組合員の想いから企画誕生

 「安全安心なものを食べたい」「国内産、できれば県内産の商品を利用したい」という組合員の想いが高まった2008年、その想いを受けて誕生したのが組合員による「商品開発検討委員会」です。

 滋賀県内7つのエリアから一人ずつ選出された組合員から構成され、「組合員が安心して利用できる安全な商品であること」「コープしがが大切にしているCOOP商品、産直商品、県内商品の普及につながること」をコンセプトに、商品の開発が進められます。

 商品開発検討委員は公募エリア委員として一年に一度、春に選出されるので、興味のある方は2月9日(月)の週に配布のぱくぱくコミュニティ2月号をご覧ください。

商品化されるきっかけはさまざま

 今まで開発された商品は25品。そのうち現在購入できる商品のうちの10品は下の一覧をご覧ください。知っている商品はありますか? 「利用したいけれど量が多く価格が高い」という声から少量化を実現したもの、滋賀県産小麦を100%使用したもの、規格外品を有効活用したものなど、誕生のきっかけや経緯はさまざまですが、今回は2014年9月に商品化された「近江米と広東バナナのコラボマフィン」がどのように商品化されたのかご紹介します。

開発ストーリー「近江米と広東バナナのコラボマフィン」

 地域版産直フォーラムの場で、産直広東バナナの生産者さんと、野洲に米粉製造工場を持つ図司穀粉さんが一緒に何かできないかという話になり、参加組合員からの強い後押しもあって、組合員開発商品として実現することになりました。

 産直広東バナナは秋から翌春にかけておいしさが増すので、その時期のバナナを使い、合わせる粉は、滋賀県になじみ深い近江米の米粉を使うことに決定。約3ヶ月の間、試食を重ね商品名やキャッチコピーも委員がアイデアを出して、商品化されました。

①組合員から声があがる
②産直広東バナナと近江米に決定
③コンセプト検討

前ページでご紹介したコンセプトに沿ったものであるか確認。

④サンプル試食

バナナの風味や食感、価格とボリュームのバランスなど、あらゆる視点から食べ比べて検討。

⑤商品決定

バナナの風味がしっかりあり、ふんわりとしてボリューム感のあるマフィンに決定。

商品が決まったら…

 商品名とキャッチコピーを決定します。商品名は、商品のコンセプトが名称から想像できるものを、またキャッチコピーは、商品に感じた価値をひと言で表現して組合員へ伝えられる内容を、委員全員で考えて決定しました。

 開発に参加しました

第4エリア 商品開発検討委員 
平地 雅子さん

 私は、コラボマフィン開発のきっかけとなった産直フォーラムの時、まさにエリア委員として担当していました。「コラボ」という名前には、「近江米と広東バナナのコラボレーション」はもちろんのこと、「産直フォーラムの場でのコラボ」という意味も込めて、相談して名付けました。なので、誰よりも思い入れの強い、我が子のように可愛い商品です。商品開発に関わり、食べる側の私達の思いを伝えると同時に、作る側の御苦労を知り、商品に対して視野が広がりました。コープきんきの新商品の良さを、組合員さんに伝える役目も担っているので、やりがいを感じています。

2010年~2014年 開発商品一例

産直牛豚、手こね生ハンバーグ

産直コープ牛と産直近江豚を69%使用した手ごね生ハンバーグ。
企画回:月1回

産直コープ豚肉団子(肉団子+たれ)

産直近江豚、国産玉ねぎを使い、手作りで団子を丸め、甘酢だれもたっぷり。
企画回:月1回

赤こんにゃく(はちまん太郎こんにゃく)

近江八幡市周辺で昔から食べられている全国でも珍しい「赤こんにゃく」。
企画回:月1回

信楽高原紅茶(ティーバッグ)

かたぎ古香園で栽培した農薬不使用、有機栽培の安全安心な茶葉のみを使用。
企画回:隔月

フランスパンのシュガーラスク

滋賀県産小麦粉100%使用したフランスパンを焼き上げたシュガーラスク。
企画回:月1回

生協牛乳120を使ったミニブレッド

滋賀県産小麦粉50%配合。水を使わず生協牛乳120だけで練り上げています。
企画回:月1回

近江の茶団子

滋賀県産の米粉と滋賀県産のお茶を使用した、お茶の香り豊かなお団子です。
企画回:月1回

ミルクソフトドーナツ

滋賀県産小麦粉100%使用。水を使わず生協牛乳120で練り上げたドーナツ。
企画回:隔月

滋賀県産小麦食パン

滋賀県産小麦粉100%使用。低温発酵でじっくり旨みを引き出したクセのない味。
企画回:月1回

にんにくみそ

JAおうみ冨士のエリアで収穫したにんにくを加工。量やビンの形状にもこだわりあり。
企画回:数量限定企画