本文へ

太陽光発電 (提携店:サン工房「京セラソーラーFC湖南」)

太陽光発電システムのメリット

環境面でのメリット

資源の枯渇
主なエネルギー資源の可採年数

現在日本は、一次エネルギーとして最も需要のある、石油や石炭や天然ガスなどの化石燃料をほとんど海外からの輸入に頼っています。しかしこれらの化石燃料は世界中で消費量が増大しており、資源の枯渇が危惧されています。

(注.1)年数は可採年数(可採年数=確認可採埋蔵量/年生産量、ただし、ウランについては十分な在庫があることから、年生産量(5.3万トン)が年需要量(6.9万トン)を下回っている。このためウラン可採年数については確認可採埋蔵量を年間需要で除いた値とした。)
(注.2)プルトニウム利用によりウランは数倍から数十倍利用年数が増える。
出典:エネルギー白書2012, BP統計2011, URANIUM2009

エネルギー資源が少ない日本で、今注目されているエネルギーが太陽光発電です。
太陽がもつエネルギーは膨大で、仮に地球上に降り注ぐ太陽のエネルギーのすべてを1時間蓄えることができれば、その蓄えで全世界は1年間のエネルギーをすべて賄うことができるといわれています。この膨大で、しかも有効利用できていないエネルギーを活用する太陽光発電は、日本だけでなく、世界にとって深刻なエネルギー資源問題の有効な解決策の一つです。

環境問題

多くの化石燃料を使用すると二酸化炭素、メタンなどの温室効果ガスが増加し地球温暖化をもたらしたり、大気汚染をもたらします。これらのことは生態系異常や異常気象をもたらすなど、自然や人間社会に大きな影響を及ぼしています。
太陽光発電は、枯渇の心配がある化石燃料を節約できます。また発電時に有害物質を含む排出ガスを出さないので地球環境にやさしいシステムです。住宅用ソーラー発電システムを設置すれば、家庭がクリーンな発電所になります。家庭のソーラー発電所が化石燃料の保全と二酸化炭素の排出量削減をもたらします。

経済面のメリット

  1. 発電した電力が高く売れる

    太陽光発電システムを自宅に設置すると、発電した電気を使えます。また日中に発電して使用しなかった電気は、余剰電力として電力会社に売ることができます。(10kW以上の設置の場合は全量売電となります)通常の電力会社から買う電力単価よりも高い単価で売ることができるので、節電意識が高まります。この買取価格は、平成29年度は10kw未満のシステムで10年間28円/kW(税込)[北海道電力・東北電力・北陸電力・中国電力・四国電力・九州電力・沖縄電力の需給制御に係る区域においては30円/kW(税込)]、10kw以上のシステムで20年間22.68円(21円+消費税)が固定で適用されます。買取価格は毎年度太陽光発電システムの普及に合わせて引き下げられる予定です。

  2. 断熱効果で快適

    太陽光発電システムを設置すると、屋根の上に太陽電池パネルが乗るので二重屋根の状態に近くなります。 夏は屋根の瓦が焼けるのが緩和されるので屋根裏、2階の部屋の温度が少し下がり、逆に冬は外の温度が逃げるのを防ぎ室内の熱を守るので、エアコンの効きが良くなり、部屋を快適な温度に保ちやすくなります。

太陽光発電のシステム構成

太陽電池モジュールで太陽光を受けて電気をつくり、パワーコンディショナで太陽電池モジュールからの直流電力を家庭で使える交流電力に変換して住宅用分電盤に電気を送ります。発電して余った電気は自動で売ることができるのでむずかしい設定や操作の必要もなく、お使いいただけます。
京セラではオプションで、家のエネルギー状況を確認できる発電モニタやHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)機器のハウスマイルナビィ、太陽光発電でつくった電気や安い深夜電力を蓄える リチウムイオン蓄電システムなどの機器も揃えていますので、太陽光発電システムと併せて設置することも可能です。

スマートハウスについて

たとえば、安い深夜電力を蓄えて昼間に使い、太陽光発電システムでつくった電気は電力会社に売る。あるいは、太陽光発電システムでつくった電気を蓄えて夜間に使う。ライフスタイルにあわせて選べるのが京セラのスマートハウス。さらに使用エネルギーを細かく「見える化」することで、一層スマートなエコ生活が可能です。

スマートハウスイメージ図

※家庭用電気機器、住宅用分電盤、売電・買電電力量計はシステムに含まれません。
※1、昇圧ユニットは、システム構成により必要になる場合があります。

太陽電池モジュール

太陽光を受けて電気を発生させるパネル

接続ユニット/昇圧ユニット※1

太陽電池モジュールがつくった電気をまとめる

パワーコンディショナ

集まった電気を家庭で使える電力に変換する

住宅用分電盤

家庭用電気機器

売電・買電 電力量計

集まった電気を電力会社と買電・売電する

リチウムイオン蓄電システム

太陽光発電でつくった電気や安い深夜電力を蓄える

ハウスマイルナビィ®コントローラ

お手持ちのスマートフォンやパソコンを使ってご家庭の使用エネルギーの見える化

太陽光発電は停電時でも、電気が使えます。

停電時でも、日射量に応じて発電した電力を使うことができます。(自立運転機能)
※最大1,500Wまで電気を使うことができます。(日射量により異なります。)なお、お客様ご自身での切替操作が必要です。

平成29年度補助金・固定価格買取制度

太陽光発電システムなどの省エネ製品を購入・設置したときに補助金が出る自治体もあります。


滋賀県の補助金 平成29年度

個人用既築住宅において住宅用太陽光発電システムの設置や自立分散型エネルギーシステム等の省エネ・創エネ(スマート・エコ製品)の設置をすると、下記の補助金が滋賀県から出ます。
ただし、平成24年度以降に滋賀県の補助金交付申請登録完了通知書を受けていない方で、設置の施行者が滋賀県内業者(滋賀県内に本店又は事務機能のある支店等がある事業者)であること、省エネ製品は滋賀県内の販売店で購入した未使用品であることが必要です。太陽光発電システムの設置のみの場合は対象外です。

太陽光発電システムの設置(2kw以上10kw未満)
2万円以上の省エネ製品購入
*省エネ製品(LED照明器具・エアコン・冷蔵庫・高断熱浴槽・エネルギー管理システム(HEMS)・窓断熱)
4万円
太陽光発電システムの設置+他のスマート・エコ製品の設置4万円+製品ごとの補助額(下記参照)
(上限15万円)
他のスマート・エコ製品だけの設置
*太陽光発電システムを既に設置していることが必要
製品ごとの補助額(下記参照)
(上限15万円)
停電時使用可能な他のスマート・エコ製品だけの設置
*エコキュート・停電時自立運転機能付き給湯器 等
製品ごとの補助額(下記参照)
太陽光発電システム以外のスマート・エコ製品の補助額
エネファーム・蓄電池10万円
エコキュート・エコジョース・エコフィール・エコウィル・ハイブリッド給湯器2万円
太陽熱温水器・V2H(ヴィークル・トゥ・ホーム)4万円

*補助対象のスマート・エコ製品、省エネ製品には、設備要件があります。


申請登録受付期間
第1次受付期間平成29年6月5日(月曜日)~平成29年7月31日(月曜日)
第2次受付期間平成29年8月1日(火曜日)~平成29年10月31日(火曜日)
第3次受付期間平成29年11月1日(水曜日)~平成30年1月12日(金曜日)

各受付期間の途中であっても、予算額を相当超える登録があった場合は、受付を終了することがあります。
太陽光発電システムやスマート・エコ製品の設置工事・省エネ製品等の購入の対象期間は、平成29年4月1日~平成30年1月31日となり、滋賀県内の販売店での購入、設置に限ります。

滋賀県、各市町村の補助金に関しては、他にも条件などがありますので、詳細につきましてはお問い合わせください。


再生可能エネルギー固定買取制度
太陽光発電価格表10kW以上10kW未満10kW未満
(ダブル発電)
平成29年度21円+税28円25円
20年間10年間
平成30年度未定26円25円
20年間10年間
平成31年度未定24円24円
20年間10年間

平成29年度は、10kw以上の太陽光発電システムを設置すると、発電した分全てを20年間 22.68円/kw(21円+税)で電力会社に売ることができます。
10kw未満の太陽光発電システムを単独設置すると、発電して昼間使用した分を除いた余剰分が10年間28円/kw(税込)で、10kw未満の太陽光発電システムとエコウィル・エネファームなどの設備を設置するダブル発電の場合は、10年間25円/kw(税込)で電力会社に売ることができます。


コープしが組合員様設置事例

長浜市S様邸
京セラエコノルーツ 5.022kW設置

大津市O様邸
京セラエコノルーツアドバンス 4.639kW設置

東近江市S様邸
京セラエコノルーツ 4.464kW設置


ご注文に関するお問い合わせは・・・
コープしが くらしのサービス事業 までお気軽にお問い合わせください
フリーダイヤル:0120-860-944
受付時間:9:30~17:30(土・日休み)

お申し込み・お問い合わせは《コープしがの組合員とお電話ください。》
サン工房(京セラソーラーFC湖南) までお気軽にお問い合わせください
フリーダイヤル:0120-421-333(水曜定休日)
サン工房ホームページはこちら