MENU

ブレーカー(分電盤)の確認方法

停電がご自宅だけの場合

ご自宅にあるブレーカー(分電盤)の確認をお願いします。

  • 家中の電気が消えた時

    1漏電ブレーカーが下りている場合、黄色(または白色)のボタンを押してから、安全ブレーカーを全て下ろしてください。
    ※漏電ブレーカーは真ん中の位置で止まることもあります。その場合は、漏電ブレーカーを一度下ろしてください。

    2漏電ブレーカーを上げ、安全ブレーカーをひとつずつ上げていきます。

    3安全ブレーカーを上げた時、漏電ブレーカーが下りたら、その安全ブレーカーは漏電している可能性があります。

    4漏電している回路は使用できません。その安全ブレーカーは下ろしたままの状態にし、漏電している部分以外の回路は、2の操作でお使いになれます。

    漏電が原因です。(電気の使いすぎが原因の場合もあります)
    駆けつけサービスまでご連絡ください。
  • ひと部屋だけ電気が消えた時

    1安全ブレーカーが下りていないか確かめてください。

    2安全ブレーカーが下りていた場合、電気が消えた部屋で使用していた家電のプラグをコンセントから抜き、ご使用になる電気製品の数を減らしてください。

    3下りている安全ブレーカーを上げると電気はつきます。

    電気の使いすぎが主な原因です。

漏電ブレーカーのスイッチが「入」の状態なのに、
家中全ての電気が消えた場合

漏電ブレーカーのスイッチが「入」状態で家中の全ての電気が消えた場合、お客様のお宅に電気が送られていない可能性があります。
関西電力(送配電ダイヤル 電話:0800-777-3081にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ、お申込みは

組合員コールセンター フリーダイヤル0120-372-502

受付時間:月~金 9:00~18:00

ページトップへ