本文へ

組合員活動情報

私の住む町・知ろう!考えよう!ふみだそう! <第2エリア ふくし交流企画>

【2019.03.13 更新】

2018年度 第2エリア ふくし交流企画開催報告

~大津市社協さんの活動から考える~
私の住む町・知ろう!考えよう!ふみだそう!


開催日 1月21日(月)10:00~12:00
開催場所 コープぜぜ2Fコミュニティスペース[ホール]
参加人数 大人20人


内容

大津市社協って何?活動と取り組みを知る。
グループワークから自分の出来る事を見つける
[講師] 大津市者会福祉協議会 井ノ口 浩士 様 渡辺 慶 様

参加された組合員の声

  • 「一人の問題は地域の課題」だということで、一人ひとりを大切に考えて行くことが印象に残りました。
  • 見ないですごすのではなく孤立しない為に少しでも関わることの大切さ。
  • 大津市でも生活に困っている方(経済的、孤立、など)がとても多く社協さんが門戸を広げて受け入れて対応されていることが良く分かった。
  • 「ゴミ屋敷問題」を単なる片付けでなく人と関わる「お掃除プロジェクト」として活動されていたことに感心した。
  • どんな相談も孤立が生み出しているという話しがすごく印象に残り私もそうだと感じました。普段の行動を意識するだけで地域に一歩踏み込んだふくし活動になることが印象的でした。
  • 今まで寺子屋プロジェクトのボランティアをしていたが意義を再確認できてこれからも続けようと思った。
  • ささいな事ですが近所や周りから始めたいと思いました。挨拶、立ち話、地域清掃、役員、行事参加、回覧板、登下校見守り、子どもの一時預かりなど。
  • 今、何気なくやっている地域の活動を意識することで地域福祉活動に繋がるので今後は意識してやりたい。

最近の記事