本文へ

組合員活動情報

ほどほどカフェってなぁに? 〈第6エリア 福祉訪問報告〉

【2019.01.07 更新】

福祉訪問報告 第6エリア

ほどほどカフェってなぁに?

訪問日 11月27日(火)


対話した人 ほどほどカフェスタッフ
國嶋 理恵さん 沢村 保代さん くすもと えまさん

誰もが安心して暮らせる地域にしていくために、みんなが悩みや困りごとを共有し、気楽につながってもらえる居場所づくりが大切です。地域の中で、“子育てママ達の居場所”として、さりげなく子育て支援活動をされている「ほどほどカフェ」さんを訪問し、いろんな話を伺いました。

どんなところ?

彦根市の依頼を受けて、2015年6月より、子育て世代の4人のメンバーが集まって「HotHot~ほどほど」を立ち上げ、今年で3年目。
ハピネスひこね(彦根市馬場1丁目5-5)の会場で、毎月2回、ハピネスひろば「ほどほどカフェ」を開いておられます。会場はもともと老人福祉のための施設。明るくバリアフリーの広い場所で、絵本もたくさん置いてあって、世代を超えてゆっくり過ごせる場所。親子で楽しく遊んでいる横では、高齢者の方々がやさしく見守っておられました。
現在SNSでつながっているメンバーさんは300人ほど。毎年新しい参加者が増えて常時15人程の親子が集まって活動されています。
活動内容は簡単ヨガ、リトミック、小物づくり、おしゃべりタイム等、お母さん目線で、子ども達と一緒に気軽に来て楽しめるものをと企画されています。

伝えたいこと

自分の地域にたくさんの子育てひろばやサロンがあることを知らない人が多い。知っていても「一人では参加できない」のが現状です。身近なところに気楽に行ける場所があることを知ってもらい、ぬくもりのある生の言葉を通して顔の見える関係作りができるといいと思いました。

最近の記事