本文へ

組合員活動情報

障がい者が語る戦争 DVD上映会 <ひろば活動:シニアピース倶楽部>

【2018.09.12 更新】

ひろば活動 シニアピース倶楽部

障がい者が語る戦争 DVD上映会


開催日 6月23日(土)10:00~12:30
開催場所 中央まちづくりセンター
参加人数 大人29人 子ども1人


取り組んだきっかけ

戦争は誰をも巻き込んでいきます。今回は障がいを持っている人たちがどのように戦争を生き抜いてこられたかをDVDを観て、考えてほしいと取り組みました。

工夫したこと

実際に障がいを持っておられる方にお話ししていただきました。6月23日は「沖縄慰霊の日」だったので、平和を祈念して黙祷をしました。

伝えたいこと

平和な世の中でこそ、障がいを持っていても安心して暮らせます。生まれたばかりの赤ちゃん、老人、誰もが安心して暮らせる平和な世の中を一人ひとりが心の底から願ってほしいです。

参加者の感想

  • 障がい者、戦争どちらもかなり重たいキーワードと一般的には捉えられがちですが、DVDを拝見して本当に良かった。きっかけは難しいと思うけれど、もっとたくさんの人に考えてほしい。
  • 沖縄の現状を話していただき、よくわかった。映像の中で戦争体験された高齢者が今も続く苦しみ、障がい者がどのような扱いを受けていたか普段は知り得ないことばかりでした。
  • この時代に生まれてよかった。(小3年生)
  • 知人の祖母が本土の人は何も知らない、何もしてくれないと言っていたことが少しわかりました。知る事から始めて勉強しようかなと思う今です。
  • 世界のどこも戦場にならないことを願っています。
最近の記事