本文へ

組合員活動情報

「食べて 聞いて つながろう!」【12/1・産直交流企画】

【2018.02.05 更新】

第2エリア(大津市)産直交流企画
「食べて きいて つながろう!」

◇日時   2017年12月1日(金)

◇場所   びわ湖大津館

◇参加者  組合員94人、生産者9社・14人

◇参加生産者(商品)

滋賀有機ネットワーク(ミニトマト)、奈良産直センター(いちご)、近江三方庵(和菓子3種)、図司穀粉(とよ坊かぼちゃんのカップケーキ)、パールライス滋賀(産直米)、鳥取県畜産農協(こめ育ち牛)、大山乳業(牛乳、クリスマスケーキ)、豆光(豆腐)、井ゲタ竹内(産直もずく)

◇内容

・全体会(生産者のお話)

・生産者巡回交流:9グループに分かれて各生産者の取扱商品の安全安心、おいしさとこだわりの話

・試食と全体交流

参加された生産者の声

・組合員と直接触れ合えて率直な声が聞けるので生産者としても貴重な交流が出来る場でした。
・昨年のこの企画の後、地域委員会でも見学にきてもらいさらに交流が出来た。こういう機会がないとなかなか生産者を知ってもらえる場がなかなかないので今年もきっかけになって良かった。
・初めて今日、商品を食べてくれた参加者も大勢いた。我々の思いも伝わった。今後、利用されるきっかけになればと思う。今後も積極的に参加していきたい。

参加された組合員の声

*どの生産者さんもそれぞれこだわりを持ち、日々お仕事を頑張っておられる様子が分かりました。
*発見!小麦粉や片栗粉のかわりに米粉を使ってカラアゲや天ぷらをするとサクサクになること。
*これからも生協チラシに載っている滋賀の生産者さんを次々に招待してほしいです。
*健康寿命をのばす為、食には気を付けていますが私達はなかなか中身まで知ることが出来ませんので身体に良いものを作って頂けますようお願いします。
*親切で楽しい会でした。また次回も来たいです。漬物、魚、うなぎについて聞いてみたい。
*何となく食べているものが生産者さんの苦労や熱意などでできていることをとても感じました。
*疑問に思ったことを直接聞けるのでいつも楽しみにしています。
*豆光の豆腐は大豆の味がしっかりしていておいしかった。ぜひ注文したい。
*これからも安全でおいしい食材の研究をお願いします。
*図司穀粉のかぼちゃのカップケーキがすごくおいしかった。
*もずくのおいしさを大発見しました
*後継者問題など様々な困難にもめげず自身の持てる商品を作り続けて下さい。
*あすかルビー、地域のこだわり、とても愛着が感じられました。蜂による受粉、知らなかったのでいい勉強になりました。
*お米の食べ比べをしてみずかがみの味がわかった。
*宅配を利用しないと買えない商品が多いので宅配をしないとダメだなと思いました。
*市販のものと比べるとおいしさが全然違ったので企画を見つけたら購入したいです。
*米粉のお菓子がたくさんあったので小麦アレルギーの義母に知らせたいと思いました。
*(とりちく)実際に焼いている所を見られて焼き加減やおいしい食べ方を知ることが出来ました。
*『よもぎあん』はめったにないのでよもぎあん商品を続けて欲しいです。
*今年は台風の被害は滋賀県でも大きな被害があったので復興、再開されるまで頑張ってほしいです。
*図司さんや滋賀有機ネットワーク、近江三方庵などがつながって商品をつくってくださっているのはすごいなと思いました。
*たくさんのこだわりや熱い思いを聞けて興味がわきました。次に注文する時の参考にします。

最近の記事