本文へ

お知らせ

2016年度産直登録米実績に合わせ「マザーレイク滋賀応援基金」に寄付しました 報告

【2017.04.13 更新】

 コープしがでは、琵琶湖を大切にする取り組みの一環として、産直米登録利用の実績に合わせて「マザーレイク滋賀応援基金」への寄付に継続して取り組んでいます。2016年度の利用実績に基づき、以下のとおり寄付を行いました。

 

寄付金額 375,728 (送金日:2017年4月7日)

 

 2016年度(2016年2月4回~2017年2月3回)の産直米登録利用実績、56,879点・375,728kgの実績に基づき、1kgにつき1円の寄付を行いました。

寄付金の使途

コープしがは「マザーレイク滋賀応援」寄付金の使いみちを、琵琶湖の総合保全と指定し、琵琶湖の水質改善、生態系の多様性の回復、健全でゆたかな森づくりなどに活用されています。

 「マザーレイク滋賀応援サイト」は こちら

産直米利用による3つの貢献

1.産直米は滋賀県内で栽培される「環境こだわり農産物」の認証を受けており、農薬を減らしたり、有機質肥料の使用、濁水を流さないなど環境に配慮して作られています。

2.「無洗米」はお米をとぐときの水を減らし、排水の汚れも少なくなります。
3.「マザーレイク滋賀応援基金」への寄付で、琵琶湖の保全につながります。

最近の記事